2011年06月12日

韓国中国で注目☆『囲碁中国語』の本

中国語の囲碁用語を学べる本が韓国で出版されました。

この本欲しい!!

中国語記事(sohu.com)
http://sports.sohu.com/20110608/n309627990.shtml

韓国語記事(韓国棋院)
http://www.baduk.or.kr/info/report_view.asp?gul_no=251

---抄訳---
筆者の金敬東(キム・ギョンドン)さんは韓国の囲碁サイト・サイバーオロの記者。中国の囲碁記者とも親交が深く、中国の囲碁ニュースを韓国に多く伝えてきた。

本書では中国の記者の助けを借りて、実際の囲碁対局でよく使われる会話を学習のベースとした。
中国語学習の初級終了レベルから。

全十五課。各課は基本の4行の「布石会話」、キーワード解説の「天元単語」、「半目注意〜文法解説〜」、「中盤読解」、「詰碁的練習問題」、「一目得する単語」、「中国の文化・歴史・常識などを紹介するコーナー」の7項目で構成されている。
(※コーナーの名前は中韓記事を参考に私訳しました。)

----



日本語版が出ないかなー。
いつも囲碁と中国語に苦労してるので切実にほしい!!

바둑중국어 표지(포).jpg

書名:바둑 중국어(パドゥク中国語)
著者 : 방준호・김경동 (パン・ジュンホ、キム・ギョンドン)
出版社 : 학고방 
ページ数:282ページ
価格: 15,000ウォン




キム・ギョンドンさんは中国の馬暁春さんの「囲碁兵法三十六計」の韓国語版の翻訳をされた方だそう。
(日本語版は『囲碁孫子の兵法―古代中国の格言に学ぶ―』(リンク先:アマゾン)
日本語のタイトルがヘンですが、中身は中盤の戦いの考え方を兵法三十六計を例に石の技術だけでなく一手一手が対局者心理に与える影響もふくめて解説したものです。)
51QH17GMR1L._SL500_AA300_.jpg

posted by もっも at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 囲碁関連/棋士の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もそんな本がほしいです。
中国出身の棋士の方の監修で、できないかな。
初級〜中級者向けで。
(こんなマニアックな本で入門者向けはありえないですね)
中国語といえばSMAPの「世界上唯一的花」をよく聴いています。http://music.10086.cn/newweb/v3/v3_qk/qk_star/P3/P3Z1/P3Z1Y6/12530/_/_/P1/P1Z1/P1Z1Y1/P1Z1Y1L30/5/_/126366/_/_/v3.html
これだけ歌えれば中国の人、きっと喜ぶだろうなぁ。
Posted by さこ at 2011年06月12日 23:52
さこさんこんばんは。
さこさんならきっとほしいっておっしゃると思ってました!

ほんと、こういう本あればいいですよね。

普通の入門書で囲碁が普通に取り上げられるくらいに囲碁が普及してるのが理想なんですが。(使う用語やフレーズはシンプルだし。題材として悪くないと思うんだけど。)

自分でデータベース化してるとグダグダ感いっぱいで^〜^

日本棋院が中国や諸外国向けに「囲碁日本語」みたいな本を出してないのかしら。あればそっちでもほしいなあ。囲碁を通じての国際理解や交流のツール開発ってどのくらいすすんでるんでしょうね。


SMAPの歌、温家宝さんの前で歌ってるところをニュースで見ました。彼らはなにかと器用ですねえ。
SMAPはむこうで人気あるんだろうか。(数年前にSMAPってもういい年やん、と香港の子に言われたけど。)

※まえにご指摘いただいた王磊さんのコメントの修正をやっとできました。
Posted by もっも at 2011年06月13日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。