2011年05月06日

囲碁普及に熱い張栩さんと台北

棋城の記事からもう一つ。張栩さんの囲碁普及活動支援の話。
棋戦で活躍するのみならず、囲碁普及支援にも積極的な張栩さん。


元記事
張栩、無料の囲碁学習を支援(棋城の記事)
http://www.9star.com.tw/showtalk.asp?id=982


記事訳ここから→→

張栩は恩義を忘れない人である。
棋聖二連覇の就位式では日本の震災義捐金として1500万円の寄付を表明した。
今回は台湾の囲碁を学ぶ児童らを喜ばせた。
5月27日夕には大安国民中学の生徒と青年杯の児童と楽しく過ごす「張栩と話そう」夕食会を開く。
また父親の張遠錫が台北体育総会囲碁協会副理事長就任の際「2000名の児童が無料で囲碁を学ぶ」ことを発起し、張栩はこれに賛助の意を述べた。台北市内の囲碁委員会所属の囲碁教室が張遠錫・張栩父子の熱意に応えて10の入門クラスを提供することにした。

これは張栩の恩返しであり(台北囲碁界からの)思いがけない贈り物でもある。

←←記事訳終わり。


情けは人のためならず身に廻る、ですね。

楽しい夕食会が気になります〜




タグ:張栩
posted by もっも at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199561253
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。