2010年10月17日

バクテリア本因坊戦 秀甫対秀策

13路碁盤・洛式のデザイナーのあうあうちゃんさん(ブログでは本名を出されてないようなので)がブログぶぶ漬けのおかわりで自作の対局イメージ動画を紹介されてました。
ご本人曰く「どうしようもない企画」だそうですが、こういうの大好きです。

バクテリア本因坊戦

乳酸菌 ラクトバシラス・サリバリウス 弥吉(秀甫) :紫・細長(黒番)
虫歯菌 ストレプトコッカス・ミュータンス 秀策 :青・丸(白番)


万延元年(1860年)9月 於:湯島三蔵口腔内


キャスティングで勝敗の予想がついたと思います。虫歯菌て・・・・・・(ーー;)

顕微鏡下のミクロ対局にGO!



ノビの表現とか菌の分裂みたいで面白い。

乳酸菌秀甫、強し!

『本因坊秀策全集』(中国正規版)では秀甫の名局と紹介されていました。
解説には白2星、4高目が秀策には珍しい布石で、秀策が上り調子の秀甫に対して優勢でないと感じて新しい趣向を試みたのではないか、序盤白50までは黒好調、とありました。(※拙訳です。)



この対局もまた『ヒカルの碁』で使われていました。(ヒカルの棋譜サイトさん 棋譜再生

進藤ヒカル(黒)対塔矢アキラの中学の大会での三将戦。(幽霊の佐為が打っていたのを途中からヒカルが打ち始めて、黒のヨワヨワぶりに塔矢くんが「ふざけるな!」と怒った一局です。漫画の中ではヒカルの一手から進行が変わりました。)

過去記事 進藤ヒカル対塔矢アキラ「ふざけるな」の一局で、全集の解説の後半も紹介しています。
記事の前半はヒカルに負けないぐらいグダグダ感いっぱいですがご容赦を。




それであうあうちゃんさんのもうひとつの動画も。
『京都のお寺でデュエル・マスターズ: フォース・オブ・禅 VS パーフェクト密教』
(youtube)


オリジナルのカードゲーム、デュエル・マスターズで遊ぶ方なら楽しさ10倍だと思います。 わたしは元ネタ知らないんですが、この遊びやってみたい!



こんな動画の作者さんがこういう工芸品をデザインをされてると思うと一層親しみがわきます。
101011_165728-crop.jpg
関連記事
13路碁盤 洛式


posted by もっも at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます^^
このバクテリア本因坊戦、便利なソフトで作っていると
思われがちなのですが、ほんとうは700枚ほど
静止画を作ってつなげた「パラパラマンガ」
のようなものなのです。
手間だけはいっちょまえにかかってます。
伝統工芸で養われた忍耐力のたまものです^^;
Posted by あうあうちゃん at 2010年10月17日 21:05
あうあうちゃんさん、こんばんは。

バクテリア本因坊戦、おもしろいです!
デュエル・マスターズの凝りようも!

忍耐力に最敬礼です!
Posted by もっも at 2010年10月17日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。